お見積もり
お問い合わせ
Scene
活用シーン

General meeting of
Shareholders

株主総会

Scene

株主総会

定時株主総会は、業績や方針の報告を通して、株主の方に会社を信頼してもらう、魅力を知ってもらう、一年に一度の非常に大切な場です。株主の方に満足していただけるよう、各社様々な準備をしますが、中でも会場に投影する進行スライドは、株主総会に不可欠なものであり、その内容がきちんと伝わることが一番重要です。株主総会当日を安心して迎えるためにも、伝わりやすいスライド作成のポイントを確認してみてください。

Point

株主総会スライドの作成ポイント

Point. 1PPTバージョン

「いきなりバージョンの話?」と思われるかもしれませんが、バージョンの確認は非常に重要です。スライドを作成したPCのPPTバージョンと、当日スライドを再生するPCのPPTバージョンが異なる場合、オブジェクトがずれたり、アニメーションが上手く作動しなかったりします。必ずバージョンを統一して作成を始めてください。また、PCのOS(代表的なものだと、windowsかMac)の違いによって、使用できるフォント等が変わりますので、OSの確認も忘れずに。その他にも事前に確認しておくと良い項目があります。株主総会だけでなく、全てのプレゼンで気をつけるべきポイントをリストにしましたので、ぜひご覧ください。
永久保存版!プレゼン準備のチェックリスト

Point. 2株主の方に伝わりやすいデザイン

スライドの内容は、招集通知に沿って作成されることがほとんどですが、招集通知の文章や数字をそのままスライドに反映するのではなく、見やすくデザインするのがポイントです。文章は伝わりやすい短いキーワードに置き換える、数字は箇条書きや表ではなく、棒グラフで変化を捉えやすくする、イメージがわきやすいよう写真やアイコンも用いるなど、視覚で理解できるデザインを意識してみてください。株主の方は長時間にわたって説明を受けるわけですから、飽きさせない工夫も必要です。
どんな情報を盛り込むか、どう構成するかは重要ですが、伝わりやすいスライドデザインにすることも重要です。内容が充実していても、スライドの文字や数字が読みづらい、聞きなれない言葉ばかりで理解に時間がかかるなど、伝わらなければ意味がありません。近年では、ユニバーサルデザイン(障害の有無や年齢、性別、人種などにかかわらず、たくさんの人々が利用しやすいようにデザインする考え方)が広まってきていますが、株主総会のように様々な方が聞き手となる場合は、正にその考えが必要です。特に、来場者の中にはご高齢の株主の方もいますので、文字サイズや色の使い方には十分注意してください。

スライドデザインのコツについてはこちらをご覧ください。
伝わるプレゼンスライドデザインのコツ5選

Point. 3ナレーションの活用

株主総会では、業績の報告等で桁数の多い数字をいくつも扱うと思いますが、その際、議長が間違えて伝えてしまうと大変です。議長は、社長や取締役が務めるのが一般的ですが、人前で話すことに慣れているとはいえ、スピーチ原稿を読み間違えてしまうこともあるかもしれません。しかし、スピーチのミスは、株主の方の内容理解を阻む、集中力を切らす、最悪の場合は信用を失うなど、残念な結果を生み出す可能性もあります。そのような事態を防ぐためオススメしたいのが、ナレーションの活用です。冒頭や締めの挨拶などは、議長が自身の言葉で話す方が好印象だと思いますが、業績や取り組みの報告など、数字や長い固有名詞などが頻出するセクションにおいては、ナレーションを活用することにより、安定感のあるプレゼンにすることができます。
プレゼンテイメントでは、ナレーターのご提案から原稿の調整、スタジオ収録、音声データの同期までワンストップでご対応いたします。

Point. 4再生リスクの最小化

株主総会を何年も担当されている方にとっては当たり前の視点かもしれませんが、スライド作成の際に見落としがちなのが、再生リスクについてです。せっかく伝わりやすいスライドができても、スライドショー再生中に画面が固まってしまう、音声データが途切れてしまうなどの事故が起こると、企業側も株主側も、総会どころではありません。もちろん、前日などに実機で十分なリハーサルができれば良いのですが、会場や機材をレンタルする場合は、開会の直前に短時間で確認せざるを得ないこともあります。プレゼンテイメントでは再生リスクを最小化するため、スライドに使用する画像の画質や音声データのサイズ調整、アニメーションの設定においても動作負荷がかからないような工夫をしています。

年に一度しかない定時株主総会ですが、ポイントを押さえて丁寧にスライドを作成しておくことで、株主の方への印象を大きく変えることができます。プレゼンテイメントでは、毎年10件前後、様々な企業様の株主総会スライドの制作をお引き受けしています。その知見から、より内容が伝わるスライドをご提案いたします。ワンランク上のスライドを使って、株主総会を「報告の場」から、「ブランドイメージを高めるチャンス」へ変えてみませんか。ぜひお気軽にご相談ください。

株主総会用のプレゼンテーションコンサルティングは私たちプレゼンテイメントにお任せください。
お見積もり依頼お問い合わせから、お気軽にご連絡ください。

Scene活用シーン